高橋真麻、36歳の振り袖姿に称賛の声集まるも 「最後にしたい」 

ITニュース

 フリーアナウンサーの高橋真麻さんが12月20日、「最後にしたいお振袖」のタイトルでブログを更新し、振り袖姿の自撮り写真を公開しました。

 振り袖は、黒と金を基調とした華やかでありつつも気品漂う仕立て。

正月特番の収録に合わせて着用したらしく、楽屋とみられる場所で撮られた1枚となっています。

普段はグルメブログ状態になっている高橋さんのブログですが、こういった姿も求められているようで、読者からは「本当に素敵」「とても綺麗ですよ」といった声が上がりました。

 ブログでは、写真とともに「もう、振袖を着る年齢ではないけれど(^_^;独身ですから(笑)」と残念そうにつづった高橋さん。

一般的に振り袖というと、未婚の女性が着るイメージがありますが、必ずしもそういった決まりはないようです。

ただ、基本的には若い女性が着るもの。

今年で36歳の高橋さん。

来年には、「最後にしたい」の言葉が実現するといいなあ。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。