富士通 ノートPC用バッテリが発火のおそれでリコール

ITニュース

 富士通は12月13日、2012年8月から13年11月に製造したノートPC「LIFEBOOKSHシリーズ」をはじめとした54機種に搭載したバッテリパックとオプションバッテリパック「FMVNBP224W」などで、発火・火災のおそれがあるとしてリコールを発表した。

バッテリパックはパナソニック製で、バッテリパックの回収台数は6万2521台。

 原因は、パナソニックで製造した際に、バッテリ内部に異物が入り、ショートするためと富士通は推測するが、異物混入の原因は特定できていないという。

15年8月と16年2月にもバッテリパックの交換・回収のリリースを発表したが、今回新たに交換・回収対象となるバッテリパックが判明した。

 対象製品のユーザーに対して18年1月下旬からバッテリパックの無償交換を実施する。

交換までの間は、バッテリパックを取り外してACアダプタで使用するか、バッテリ充電制御機能のアップデートの実施する方法をすすめる。

 対象機種は、ノートPCが「LIFEBOOKA/E/P/S/Tシリーズ」と「FUTROMA/MPシリーズ」「CELSIUSHシリーズ」「LIFEBOOKSH/PH」シリーズ。

オプションバッテリパックはFMVNBP210、FMVNBP222、FMVNBP224B、FMVNBP224W、FMVNBP224R、FMVNBP228となる。

【関連記事】世界最軽量を更新したモバイルノートPC「LIFEBOOKUH」、打鍵感も向上ブランド・開発体制は維持、レノボ・富士通が最終合意<LOGOS・富士通のロゴ>無限の可能性を表すロゴ「FUJITSU」富士通、ノートPCで競合に先んじて底打ち──FCCLに見た底力の強さレノボPCは100%国内サポート 日本に根差したサービス体制を強化

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。