“人の眼レベルの超高解像度VR”目指すVarjoが7億円超の資金調達

ITニュース

人の眼が現実を捉える解像度と同程度の超高解像度のVRを実現するために研究しているフィンランドのVRスタートアップ、VarjoTechnologiesは、Tekesから670万ドル(日本円約7.5億円)の資金調達を行いました。

Varjoは、新たな開発パートナーとして、20世紀フォックス、エアバス、アウディ、BMW、テクニカラーなどを挙げており、プロトタイプのベータ版を2018年第1四半期にパートナーに向けて出荷するとしています。

このような技術の実現により、より現実を見るのと同じような品質のVR体験が可能になることが期待されます。

超高解像度を実現する2枚のディスプレイ同社が開発を進めているVRヘッドセットのディスプレイには、各目に対してディスプレイを2つ実装します。

1080×1200の解像度を持つコンテクストディスプレイと1920×1080の解像度を持つマイクロディスプレイを組み合わせています。

ヘッドセットには目の動きを追跡するアイトラッキング機能が搭載されており、マイクロディスプレイの映像が目に連動して動くことでOculusRiftやHTCViveといった固定ディスプレイのVRヘッドセットよりも高い解像度で人間に知覚されます。

位置トラッキングはアルファ版のプロトタイプではSteamVRLighthouseを使用してトラッキングを行っています。

VarjoはNVIDIAとAMDと協力し、「パートナーに最高のVR/XR体験を提供する」としています。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。