Windows版Chrome、サードパーティソフトウェアによるコードインジェクションをブロックへ

ITニュース

Windows版のGoogleChromeでサードパーティソフトウェアによるコードインジェクションをブロックする計画が発表された(ChromiumBlogの記事、VentureBeatの記事、9to5Googleの記事、TheRegisterの記事)。

Windows版Chromeではユーザー補助ソフトウェアやアンチウイルスソフトウェアなど、Chromeと一緒に動作するソフトウェアをおよそ3分の2のユーザーが使用しており、中には機能を実現するためにコードをChromeにインジェクトするソフトウェアも存在する。

しかし、このようなソフトウェアを使用しているユーザーでは、Chromeのクラッシュが15%多く発生するという。

現在ではChrome拡張やNativeMessagingで同様の機能を実現可能になっており、コードインジェクションをブロックしても問題ないと判断したようだ。

変更は3段階で行われ、2018年4月にはChrome66でクラッシュの発生したユーザーに対し、Chromeにコードをインジェクトするソフトウェアの存在を通知して更新や削除を促す。

7月にはChrome68でサードパーティソフトウェアによるコードインジェクションのブロックが開始される。

ブロックによりChromeの起動が妨げられる場合、インジェクションを有効にしてChromeを再起動する一方、ユーザーにはソフトウェアを削除するように求める。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。