RadeonSoftwareの新色は「Adrenalin」に

ITニュース

AMDのRadeonTechnologyGroupは11月30日(米国時間)、同社のグラフィックスドライバスイート「RadeonSoftware」の次期バージョンを「AdrenalinEdition」と名付けると発表した。

「AdrenalinEdition」は2017年12月にリリースされる予定だ。

RadeonSoftwareは、2015年11月にそれまでの「Catalyst」に代わって新たに導入されたドライバスイート。

年に1回のメジャーバージョンアップを含めて、過去2年間の間に70回のソフトウェア・リリース、75ゲーム以上のローンチ対応、50以上の新規・拡張機能を提供し、全世界で2.5億回以上のダウンロードを達成したという。

RadeonSoftwareでは、メジャーバージョン名としてRadeonのイメージカラーである「赤」系統の色を名付けている。

とはいえ、2015年の「CrimsonEdition」、2016年の「CrimsonReLiveEdition」と色は"真紅"のままだった。

新バージョンである「Adrenalin」とはアドレナリン・ローズという艶のあるバラにちなんだ名称とのことだが、RadeonSoftwareとして初めての"新色"登場になるわけで、大幅な機能拡張などが期待されるところだ。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。