[検証]Apple純正のケーブルと電源アダプタ、高速充電できる組み合わせはどれ?

ITニュース

Image:GizmodoUSiPhoneは思っている以上に速く充電できるの知ってましたか?iPhone8、8Plus、iPhoneXからは、iPhoneでも高速充電が可能になりました。

ちなみにAndroid端末では、何年も前からできていたことです。

iPhoneの仕様ページには「高速充電に対応:30分で最大50%充電」と一行記載されていますが、ページの下に書かれている注釈を読んでもどうやったら高速充電が可能なのかがわかりません。

必要な情報は、Appleのサポートページに埋もれています。

高速充電をするためには、iPhoneに付属されているケーブル、電源アダプタでは不十分です。

少なくてもUSBType-Cに対応したUSB-C-Lightningケーブルと、Appleの29W/61W/87WUSB-C電源アダプタのどれかが必要です。

つまり、ケーブルも電源アダプタも新調しないといけません。

じゃあそれらを揃えたらどれだけ速く充電できるのか、とか29Wと87Wの電源アダプタの性能差については、Appleのサイトには書かれていないんですよね…。

そこで、米Gizmodoでは実際にApple純正のほぼすべての充電器(とAnker製の30W充電器)を揃えてテストしてみました。

テスト方法検証方法はいたってシンプル。

iPhoneをバッテリーゼロまで消耗させた状態でケーブルを挿し、それぞれApple純正の電源アダプタを試します。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。