米連邦地裁、「バカバカしい特許」を紹介するEFFの記事は言論の自由で保護される

ITニュース

米カリフォルニア北部地区連邦地裁は17日、バカバカしい特許を紹介するEFFの記事が合衆国憲法で保護される「言論」にあたるとの判断を示した(EFFのプレスリリース、判決文:PDF、ArsTechnicaの記事)。

問題の記事は2016年6月の「StupidPatentoftheMonth」で、オーストラリア・GlobalEquityManagement(SA)Pty.Ltd.(GEMSA)が保有する特許「Graphicuserinterfaceforresourcesmanagementofsuperoperatingsystembasedcomputers」(U.S.Patent6,690,400:'400特許)を選んでいる。

’400特許はキャビネットを模したGUI上でストレージ管理を可能にするというものだ。

ハイパーリンクを使用したリモートアクセス機能なども含まれる。

GEMSAはEFFが記事で同社の特許を「stupid」だとしたことや、同社を典型的なパテントトロールのようだと指摘したことなど9項目を挙げて名誉棄損にあたると主張。

記事の取り下げなどを求めてオーストラリアの裁判所に提訴し、差止命令を勝ち取っている。

これに対してEFFは、オーストラリアの裁判所命令が米国では無効であることや、記事が言論の自由を定めた合衆国憲法修正第1条に違反することなどの確認を求め、米連邦地裁に訴訟を提起していた。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。