なぜか若い女性に多い! お腹が痛くてもトイレを我慢する行動の謎

ITニュース

お腹が痛くても、外出先ではついトイレを我慢してしまう場合もあるだろう。

しかし生理現象なので、完全に便意をなくすことは無理である。

トイレに行かない限り、激しい腹痛との戦いが続くだけなのだ。

■「お腹が痛くてもトイレを我慢」は3割もしらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,537名を対象に、「トイレの利用について」の調査を実施。

「お腹が痛いのに、トイレに行くのを我慢することがある」と答えた人は全体で33.6%と、3人に1人はいることが判明したのだ。

我慢すると、後につらくなりそうだが…。

■外出先では恥ずかしい性年代別で見ると、女性は20代から30代の若い世代に多くなっている。

若い女性は、外出先でうんちをするのが恥ずかしいのだ。

「外でうんちをするのは、やっぱり恥ずかしいという気持ちが強い。

できる限り我慢して、家に帰ってするのが理想。

『もう、絶対にダメ…』ってなったときにはさすがに行くけど、できるだけ人が来ないトイレを探す」(20代・女性)■男性はお腹が緩いので…男性には、お腹が緩い人も多い。

「とにかくお腹が緩いので、腹痛を感じたときにはすぐにトイレに行くようにしている。

『まだいける』なんて油断していると、最悪の場合、漏らしてしまうから。

こんなことを言うと他の人に『そこまではない』と否定されるけど、本当にそれくらい緩い」(30代・男性)忙しいときに我慢して、後悔する人も。

「仕事で忙しいときには、少しもよおしても我慢して作業を続けることもある。

しかししばらくすると強烈な腹痛がやってきて、急いでトイレに駆け込む。

おしりの筋肉ががんばってくれるおかげで、いまのところはギリギリセーフだけど」(40代・男性)■小学校時代のトラウマでトイレに行けないのかもメンタルが弱い人は、4割以上がトイレを我慢すると答えている。

誰かに知られることを、必要以上に恐れているようだ。

「もし会社でうんちをしたことが他の人にバレて、言いふらされたらどうしようと考えてしまう。

隣の個室に誰か入ってきたら、臭いも申し訳ないと思うし…」(20代・女性)小学校時代のトラウマが、トイレを我慢させるのではとの意見もある。

「小学校で誰かがうんちをしたら、クラス中に言いふらす男子がいた。

そのトラウマが、人々の心に残っているんじゃないのかな?もういい大人だから、うんちしても誰も言いふらしたりなんかしないと思う。

むしろみんな一度は腹痛で苦い思いをしているだろうから、気持ちはわかってくれそう」(40代・女性)我慢することは、体にもよくない。

お腹が痛くなったらすぐにトイレに向かったほうがいいだろう。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。