暗い檻に閉じ込められたトラを救出! 使われていない廃屋から動物保護区への大移動に感動

ITニュース

 いったい誰がこんなことを……。

檻に入れられ廃屋に閉じ込められたトラを救助する動画がYouTubeで公開され話題となっています。

 米テキサス州ヒューストンで、ずっと使われていなかった廃屋から檻に入れられたトラが発見されました。

捨てられていたのではなく、誰かが飼っていたような形跡があったそうです。

 ただ、廃屋の中は良くない環境なので、トラは警察と動物保護施設「BARC」によってマーチソンにある動物保護区「ClevelandAmoryBlackBeautyRanch」に檻ごとレッカー車で輸送されました。

 そこでトラは念入りな健康チェックを受け、最低でも2週間は検疫を受けることに。

そして適切な食事、獣医師によるケアも十分に与えられ、ここでは彼は一つの「命」として正しく扱われることになります。

 暗い廃屋の狭い檻のなか、いったいどのくらいの期間を過ごしていたのでしょう。

輸送されている間、落ち着かないのか檻の中をうろうろと歩き回っていたトラ。

自分がどういう状況なのか、これからどうなるのか不安だったのかもしれません。

 しかし「ClevelandAmoryBlackBeautyRanch」で檻から地面に降り立つと、草の香りをクンクンとかぎながらゆっくり歩き、久しぶりの外の世界をたっぷりと味わっているようでした。

 所有権の問題がクリアになり、飼い主が見つかるまではここがトラの家になります。

明るい日差しと自然に囲まれて、どうか元気に毎日を過ごしてほしいものですね!

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。