幸楽苑とコラボした幼稚園4月号の付録が「古いラーメン屋の前にあるアレ」 その動きに幻惑される者が続出

ITニュース

 子どもも大人も驚嘆させる、雑誌『幼稚園』の付録。

その2019年4月号の付録に、ラーメンチェーンの幸楽苑とコラボした「びょんびょんらーめん」が登場し、発売とともに話題をさらっています。

 麺を持ったハシがひたすら上下するその姿は、いよいよちょっと古めのラーメン店やそば店の店先に置いてある、麺が自動で動く看板そのまま。

天下のラーメンチェーン「幸楽苑」とのコラボが、まさかの成果物を生み出しました。

 これには「シュールすぎる」「最高……!」「ロックを感じる」などという反響の声が続出。

すでに書店では売り切れが出るほどの人気ぶりです。

見れば見るほど、なにかクセになってしまう「びょんびょんらーめん」。

幼稚園4月号を手に入れ、組み立てました。

●電池は使わず「ぜんまい仕掛け」で動く ここからはメイキングです。

幼稚園の付録はほとんど紙でできているので、気軽に子どもでも作れます。

しかしその難易度は大人が手伝わないとかなり難しいレベルなので、作るときは付き添ってあげましょう。

 なお幼稚園の付録はこれまで電池で動くものが多く、てっきりこれもそうだと思っていましたが、これは電池は使わずにぜんまい仕掛けで動きます。

 巻末付近の説明書を見ながら作ります。

幼稚園の付録シリーズにはちょっと長い手順があるものや、ときに大人でもつまずく難所もありますが、今回はシリーズの中でも特に作りやすく、難所といえばどんぶりを取り付けるところが多少むずかしいぐらいで、あとはスイスイ作れました。

 1時間弱程度で完成。

ちょっと古めのラーメン屋の軒先にある”アレ”とご対面です。

あれを見たときに思った「何これ?」という感情がよみがえります。

 それではどんぶりの下にあるレバーを引っ張って、動かしてみましょう。

 ちょっと大きな音を立てながら、ハシが上下に動き、それにつられて麺まで動きます。

ただそれだけなのですが、見るとなぜか含み笑いを禁じ得なくなるような感情がこみ上げてきます。

 ちなみに麺がびょんびょんしている間に、幸楽苑の実際のメニューカード通りに具材を並べるゲームを楽しむことも出来ます。

 ときどきぜんまいが止まってしまうこともありますが、手に持って軽く振動を与えるなどの処置をすると、また動いてくれることが多いようです。

 なお幼稚園では付録の作り方動画をYoutubeで公開中。

説明書だけではわかりづらい部分は、動画を観て解決してみましょう。

 もはや誰にも止めようがない幼稚園の付録。

5月号は、2018年10月号で注目を集めたカプセルトイが、今度はタカラトミーアーツとのコラボにより帰ってきます。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。