奥行き1cmで業界最薄、エレコムが11ac準拠のUSB接続Wi-Fi中継器

ITニュース

エレコムは5日、業界最薄をうたうUSB給電式のWi-Fi中継器「WTC-1167US」シリーズを発表した。

2月中旬から販売開始する。

価格はオープンで、店頭予想価格は税別7,690円前後。

無線LANルータの電波範囲を拡張できる、USB給電式のWi-Fi中継器。

同社の従来機「WTC-1167HWH」から体積を72%小型化し、厚みを約1cmに抑えたスティック型に本体デザインを刷新した。

無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/n/acに準拠し、アンテナ数は2×2。

最大通信速度は867Mbpsとなる(11ac/5GHz帯接続時の理論値)。

本体サイズの大幅な小型化に加え、電源は新たにUSB給電方式を採用。

コンセントにつないだUSB電源アダプタに接続して据え置きで使えるほか、USBポートを備えたモバイルバッテリに接続すれば、コンセントの無い場所でも使うことができる。

本体にはWPSボタンを設け、親機と本体の同ボタンを押すことで手軽に接続可能。

接続後は本体のランプで親機との電波状態を通知するため、ランプを見ながら適切な場所に設置できる。

ランプの色は、親機から近すぎると赤、最適な場所では緑、遠すぎると緑と赤の点滅となる。

機能面では、集中して電波を送信するビームフォーミングや、複数の端末に別々にデータを送るMU-MIMO、空いている帯域につなぐバンドステアリング(親機接続時のみ)などに対応。

同社は、「家庭におけるインターネットにつながる機器(IoT機器)の増加を踏まえ、高価なメッシュルータとは異なる方法で電波を広げる提案をした」とする。

セキュリティはWPA2-PSK、WPA-PSK、WEPなど。

インタフェースはUSB2.0。

消費電力は5W。

本体サイズはW35.6×D10.1×H115.6mm、重さは約40g。

(村田奏子)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。