MSI、「GeForceRTX2080TiLightningZ」公開。高OCのフラグシップモデル

ITニュース

Micro-StarComputer(MSI)は、CES2019においてプライベートブースを設け、次期フラグシップグラフィックスカードとなるGeForceRTX2080TiLightningZを公開した。

同製品は、NVIDIAのGeForceRTX2080Tiのオーバークロック性能を追求したモデルとなり、世界最速のグラフィックスカードを目指す製品となる。

ただし、現時点では最大ブーストクロックなどの詳細スペックは非公開であり、発売時期や価格も未定となっている。

3スロット幅を占有する巨大カードには、厚手のヒートシンクが搭載されるほか、MSI独自のトルクスファン3.0を3基搭載し、冷却性能を高めているだけでなく、ファンブレードにはファンのまわりに装備されたRGBLEDの効果を拡張する工夫も盛り込まれている。

さらに、カード上面にはOLEDが搭載され、GIFアニメの再生ができるようにもなっている。

基板背面にはフルカーボンのバックプレートを採用するほか、カード表面にもカーボンのアクセントを加え、高級感を出している。

ディスプレイ出力はDisplayPort×3、HDIMI、USBType-Cの5系統をサポート、電源入力は8ピン×3で、その最大消費電力はかなり大きくなると見込まれる。

○GeForceRTX2060搭載カードもまた、MSIは今後市場投入を予定しているGeForceRTX2060搭載グラフィックスカード2製品も公開した。

今回公開されたのは、GeForceRTX2060搭載モデルの中ではフラグシップモデルとなるGeForceRTX2060GAMINGZ6GとGeForceRTX2060VENTUS6GOCの2製品で、いずれもOCモデルとなる。

最大ブーストクロックなどは現時点では非公開ながら、まもなく市場投入が開始される予定だと言う。

(本間文)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。