【マンガ】インフルエンザにも「熱が出るタイプ」「お腹にくるタイプ」がある

ITニュース

 「あなたの風邪はどこから?」「私は○○から」―― これは風邪薬のCMで有名なフレーズですが、実はインフルエンザにも「熱が出るタイプ」「お腹にくるタイプ」があるのだとか。

 今回は、インフルエンザの雑学をご紹介します。

●解説 インフルエンザウイルスには「A型」「B型」などがあることはよく知られていますが、このウイルスの種類によって症状の傾向が異なるのだとか。

 インフルエンザでは発熱、頭痛、腹痛……と、さまざまな症状が現れますが、発熱などの症状が強くなりやすいのはA型で、下痢などの胃腸症状が多いのはB型といわれています。

 ちなみに、インフルエンザは例年、12月~3月まで流行するのですが、同じシーズン内に繰り返し感染してしまう可能性も。

A型、B型が同時に流行して「A型→B型」と異なる型に感染するケースのほか、同じ型の中でもさらに細分化できるため、「A型に感染→別種のA型に感染」というケースも考えられるそうです。

●主要参考文献・A型やB型と聞くが違いは?他にも種類がありますか?(ろっこう医療生活協同組合)・インフルエンザの基礎知識(PDFファイル/厚生労働省)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。