ミニストップ、12月17日から「楽天ペイ」「PayPay」「LINEPay」に対応

ITニュース

 ミニストップは、12月17日からスマートフォン向け決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」「PayPay」「LINEPay」に対応する。

対象は国内のミニストップ2225店。

 同社では現金をはじめクレジットカード、電子マネー、UnionPay(銀聯)カードなどの決済サービスを取り入れており、さらなるユーザーの利便性向上を図るためスマートフォンを活用したバーコード決済サービスに対応。

決済時間の短縮をはじめ、店舗オペレーションの負荷軽減にも寄与するとしている。

 これに合わせ、ミニストップでの利用も各種サービスで行われるキャンペーンの対象となる。

楽天ペイでは12月1日に「スタートボーナスチャンス 楽天ペイアプリを初めて使って1000ポイント」を開催し、初めて利用するユーザーがキャンペーンにエントリーして同月内の合計支払い金額が5400円(税込)以上になった場合「楽天スーパーポイント」1000ポイントをプレゼントする。

 PayPayではバーコードを店舗で読み取る「ストアスキャン」方式を導入。

新規登録すると500円相当のPayPayがもらえる他、決済利用金額の20%相当の還元や支払いごとに抽選で全額(10万円相当まで)が戻ってくるキャンペーン「ペイペイで支払ったら20%戻ってくる!100億円あげちゃうキャンペーン」を実施する。

期間は12月4日~2019年3月31日で、還元金額が100億円に到達次第、終了する予定。

 LINEPayではQR/バーコードで支払うと、通常のポイント還元率(0.5~2%)へ「+3%」を上乗せする「コード支払いで誰でも3.5%以上、最大5%ポイントバック!キャンペーン」を実施中。

期間は2019年7月31日まで。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。