『リトルノア』がサービス終了!“無課金”でも楽しめるゲームデザインが裏目に!?

ITニュース

 Cygamesのスマートフォン向けアプリ『リトルノア』がサービス終了を発表。

約4年間の歴史に幕を降ろすとあって、ユーザーからは悲しみの声が続出している。

 11月15日にゲーム公式サイトは、来年1月17日にサービスが終了することを発表。

「サービス開始以来、これまで多くのプレイヤーの皆様にご愛顧いただきましたことを、心から感謝いたします」とのコメントも掲載された。

 同アプリはリアルタイムストラテジーというジャンルで、簡単に言えばキャラクターを順次投入しながら相手の拠点を制圧するゲーム。

キャラクターには壁を越えたり空を飛んだり範囲攻撃を行ったりと様々な個性があり、徒党を組んで相手の施設を壊していく。

しかし攻められる側も破壊されるのを見ているだけではなく、砲台やトラップなどの軍事施設を設置して拠点を強化。

施設や壁の配置なども工夫して襲撃に備える。

 主人公は“ノア”という錬金術師の少女で、プレイヤーは彼女と共に世界一の錬金術師を目指すのが目的。

そんな世界観や可愛らしいキャラクターたちも大好評で、多くのプレイヤーに愛されてきた。

 しかし今回サービス終了が発表され、ユーザーからは「『リトルノア』が終わるって聞いて寝込んだ」「ノアちゃんとお別れなんて悲しすぎる」「マジで立ち直れない……もう決まってることなんだろうけど出来れば続けてほしい」「『リトルノア2』を期待してます!」といった悲しみの声が。

また「今も仲がいい友人と知り合ったのは『リトルノア』のギルドがきっかけ。

終わっちゃうのは悲しいけど、このゲームには感謝の言葉を送りたい」との声も上がっている。

 その他「やっぱりガチャ課金がないゲームは厳しいのかな?」と指摘する人も。

確かに同ゲームは、最近のソシャゲだと珍しい“ガチャ”が無いゲーム。

一応“ルビー”などの課金要素はあったが、どちらかといえばゲームの進行をサポートする意味合いが強い。

そのため“無課金”で遊ぶプレイヤーも多く、サービス終了には「むしろガチャなしで約4年持ったのがすごい」「こんなことならもっと貢げばよかった」「時間かければ課金しなくても強くなれるところが良かったんだけど、こういうゲームって減ってくのかな?」などという意見も寄せられていた。

 一方で「課金が少なかったから終わったとは限らないんじゃ……」というツッコミも。

実際のところはわからないが、とにかくユーザーには残された時間を存分に楽しんでもらいたい。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。