エイズ撲滅へとまた一歩、世界エイズデーにあわせて今年もAppleStoreのロゴが"RED"に

ITニュース

Appleは、12月1日の世界エイズデーにあわせ、一部を除くAppleStore実店舗でAppleロゴの色を"RED"に変更した。

12月7日までAppleStore実店舗およびApple.com、AppleStoreAppでApplePayを使って支払うと、支払い1回につき1USドルを(RED)に寄付することがアナウンスされている。

この施策は、例年ワールドワイドに行われており、Appleが参加してから12年目を迎えた。

(RED)製品の売上の一部は、母親から新生児へのHIVの感染を防ぐためのカウンセリング、検査、医薬品に使われる。

Appleがこれまで(RED)に提供できた資金は2億USドル以上にものぼるという。

今年、グローバルファンドのために集められた寄付金額は明らかにされていないが、昨年の時点で寄付金の累積額は1億6,000万USドルと発表していたことから、4,000万USドル以上が集まったと推測される。

4月にオープンしたApple新宿では、エントランスなどに設置されたAppleロゴの色を"RED"に変更。

ウインドーには(RED)のステッカーも貼られていた。

今年はiPhoneXRが発売時点で(PRODUCT)REDの用意があったり、11月半ばにAppleWatch用のバンドでスポーツループ「PRODUCT(RED)スポーツループ」が追加されるなど、ケース類以外でも新商品が追加されている。

また、Appleのプレス向けページ「Newsroom」では、ケニヤのナイロビにあるエンバカシ健康センターのHIVカウンセラー、ドッティ·ニャンボクさんの活動を紹介している。

ドッティさん自身もHIV感染者であり、19歳の時に宿した子が胎内感染により、生後6週間で息を引き取ったなどの悲しいエピソードが綴られている。

自分に起きたことは本当に繰り返されたくない、その想いが彼女をエンバカシ健康センターへと導くのだが……ここから先はリンク先をご覧いただきたい。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。