親が離婚している人の割合は? 世代格差だけでなく意外な地域差も判明

ITニュース

(itakayuki/iStock/GettyImagesPlus/写真はイメージです)以前と比べて、良くも悪くもかなり身近になった離婚。

同僚や友人にバツイチの人がいるのは、今や当たり前の状況だ。

夫婦ふたりだけなら別れるのもまだ楽だが、子供がいるとさまざまな決めごとも大変。

では、「両親が離婚している人」は、どれくらいの割合なのだろうか。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査を実施した。

■約1割が「両親が離婚」今回の調査で、「親が離婚している」と答えたのは全体の9.6%。

男性は10.6%、女子は8.6%と男性のほうがやや多いが微差の範囲だ。

ただし、2、30代の人はさておき、5、60代の回答者の親はかなりの年齢だろう。

そこで、世代別での「親の離婚率」を見てみよう。

■20代男性で最多男女・年代別で見ると、両親が離婚している割合は20代男性がもっとも多く、15.3%。

30代男性が13.0%、20代女性の11.3%と続く。

一方、60代では男女ともに低く男性7.0%、女性は5.7%にとどまった。

■北海道と中国地方で目立つ今回の調査結果は、地域別でも差が見られた。

もっとも両親の離婚率が高かったのは北海道で、14.1%。

中国地方、四国が続く。

一方で、東北や北陸は低く、さらに北関東では3.6%にとどまった。

20〜60代への調査において、現在では全体の1割にとどまる両親の離婚率だが、今後はさらに高まる可能性がある。

「親が離婚した子供たち」に心の傷が残りにくいよう、社会や周囲の配慮が求められる。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。