oよ、おまえ一体どこから来た……? “number”の省略形が“No.”なのはなぜなのか

ITニュース

 私たちは何かを書くとき、往々にして省略を用います。

例えば、「1位/1番」すなわち「ナンバーワン」という意味で“No.1”のように書きますよね。

 しかしこの“No.”、よく考えてみると不思議です。

「ナンバー」と読むはずなのに、英語の“number”には“o”が入っていません。

省略するなら“Nu.”なのでは? oよ、おまえは一体どこから来たんだ……?●そもそもラテン語由来だった! 実は“No.”は、英語の“number”の省略ではないのです。

では省略する前は何だったのかといえば、“numero”。

ラテン語で「数において」という意味の単語です。

 なるほど、“numero”の中には、確かに“o”が入っています。

これにて一件落着……?●なんでそこを取るんだ いやいや、“numero”を省略するなら“Nu.”で良いはずです。

どうしてわざわざ最後の文字を取ってしまったのでしょう? これには、ラテン語の「格変化」に由来しています。

 ラテン語で「数」は“numerus”なのですが、「数において」という意味では“numero”に変化するのです。

このような現象を「格変化」と呼びます。

なじみのない言葉かもしれませんが、英語で「私」が“I”で、「私の」が“my”になるのと同じです。

 このときラテン語では、単語の後ろの部分が変化します。

ですから、省略するときには単語の後ろの部分は残しておかないと、どういう意味なのかが分かりにくい、というわけです。

そうだったのか、oよ……。

 “No.”のほかにも、ラテン語に由来する言葉はたくさんあります。

調べてみると、新たな発見があることでしょう。

<制作協力>QuizKnock

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。