Safari増加-10月モバイルブラウザシェア

ITニュース

NetApplicationsから2018年10月のモバイルブラウザのシェアが発表された。

2018年10月はChrome、Baidu、UCBrowserがシェアを減らし、SafariとQQがシェアを増やした。

Chromeの減少とSafariの増加は、2018年10月におけるAndroidの減少とiOSの増加という動向に連動した結果と見られる。

ChromeとSafariのシェアの合算値は前回は88.16%、今回は90.19%となっている。

モバイル向けのオペレーティングシステムとしてのAndroidおよびiOSほどは独占的な状態ではないものの、モバイル向けのブラウザとしてChromeとSafariが強い影響力を持っていることがわかる。

(後藤大地)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。