ドコモ、2019年9月に「5G」のプレサービスを提供へ

ITニュース

 NTTドコモは、次世代モバイル通信規格「5G」のプレサービスを2019年9月に提供する。

10月3日に総務省で実施された「第5世代移動通信システムの利用に係る公開ヒアリング」でドコモの吉澤和弘社長が明かした。

 プレサービスは、2019年9月に開催されるラグビーワールドカップの会場で提供する見込み。

他に、さまざまな企業とも連携していくという。

プレサービスの成果を見つつ、東京オリンピックを控えている2020年の春に商用サービスを開始する。

なお、5Gの周波数は2018年度末に割り当てが決まる見込み。

 ドコモは外部パートナーとともに5Gのサービスを創出する「5Gオープンパートナープログラム」を展開しており、既に1800を超える企業や団体が参画している。

検証環境として「ドコモ5Gオープンラボ」も東京と大阪で開設しており、2018年12月には沖縄でも開設する予定。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。