シャープが有機EL搭載スマホ「AQUOSzero」発表 2018年冬に投入

ITニュース

 シャープが10月3日、スマートフォンAQUOSとして初めて有機ELディスプレイを搭載した「AQUOSzero」を発表。

2018年冬モデルとして投入する。

 有機ELはシャープ製のもので、約6.2型のWQHD+(1440×2992ピクセル)。

ディスプレイの上部にはノッチ(切り欠き)があり、両端はカーブを描いている。

コントラスト比は100万:1で、シャープ独自の高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」もサポート。

バックライトが不要な有機EL、側面にマグネシウム合金、背面に軽量かつ強度の高いアラミド繊維を採用することで、約146gという軽さを実現した。

 プロセッサはSnapdragon845、メモリは6GB、ストレージは128GB、バッテリー容量は3130mAh。

ホームボタンは搭載しておらず、画面下部からスワイプをすることでホームに戻ったり、最近起動したアプリ一覧を呼び出したりできる。

 スマートフォンAQUOSで培った放熱性能に加え、2つの充電ICを併用することで充電時の発熱を抑える「パラレル充電」を採用。

充電しながらでも、発熱を抑えてゲームや動画視聴などを楽しめるとしている。

HDR映像技術「DolbyVision」と立体音響技術「DolbyAtmos」もサポートしている。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。