パナソニックとぴあ、チケッティング電子化の実証実験

ITニュース

パナソニックとぴあは9月14日、スポーツやエンターテインメントなどのチケッティングを幅広いサービスに対応できるように電子化することで、来場者がスタジアムやアリーナで受けることができるサービス(「スタジアムサービス」)を新たに提案し、来場者の体験価値を高めることを目指した取り組みを開始すると発表した。

国内のスタジアムやアリーナ施設では、入場チケットの確認やグッズ・飲食店舗の現金支払いなど人為的作業が多く、運営事業者の業務改善や来場者サービスの向上が進みにくいといった課題がある。

両社は、スタジアム体験の入り口であるチケッティングサービスとスタジアム内の設備、端末から得られる情報を一元的に連携することで創出する新たなスタジアムサービスを、多様なビジネスパートナーと連携し開発・推進していくという。

具体的には、ゲート認証、ルート案内、キャッシュレス決済、アクティビティなどの各種サービスを、電子化したチケットデバイス(スマートフォン、非接触ICカード、ウェアラブルなど)を通じて情報連携することにより、来場者が施設を快適に楽しく利用できる環境を整える。

そして、運営面においても省人化及び効率化に繋がるサービスの開発を目指す。

この取り組みの第1弾として、11月24日にパナソニックスタジアム吹田で開催予定のサッカー・明治安田生命J1リーグのガンバ大阪対V・ファーレン長崎戦において、新たなスタジアムサービスの実証実験を行う。

同実験には両社に加えて、大日本印刷(DNP)と三井住友カードが参加する。

また、ガンバ大阪が協力する。

同実験では、3万人規模のホーム側全ての来場者にファンクラブカード、スマホQRチケット、ウェアラブルチケットなどの電子チケットを持参してもらう。

そのチケットデバイスを利用して、スムーズなゲート入場、国際ブランドの非接触ICプリペイド決済サービスによるグッズや飲食の支払い、多様なアクティビティへの参加などのアクションを行ってもらい、新たなスタジアム体験をしてもらう予定。

検証課題として両社は、どのようなサービスが来場者の体験価値の向上に繋がるのか、デジタルマーケティングによりスタジアム運営の継続的な改善をいかに図るのか、施設利用における質の向上、いかにファンエンゲージメントを生み出すのかの3点を挙げる。

実証内容としては、プリペイド機能付きウェアラブル型電子チケットによるスタジアム体験の検証、モバイル型マルチリーダ認証端末を用いたスタジアム運営負担軽減の検証、国際ブランド非接触ICプリペイドを用いたキャッシュレス決済によるグッズ・飲食店舗のレジ効率及び混雑緩和の検証、電子チケットを利用したスタジアムアクティビティサービスの有用性の検証、来場履歴や決済履歴、アクティビティ履歴をもととしたデジタルマーケティングの可能性の検証の5点を挙げている。

(山本善之介)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。