【マンガ】プログラミング言語「C#」も電話のボタンも、本当はシャープじゃない

ITニュース

 ハッシュタグなどで目にする記号「#(ハッシュ)」は、「♯(シャープ)」と間違えやすい―― そんな話を耳にしたことはありませんか? この2つの記号には異なる意味があるのですが、形がよく似ていて見分けがつきにくく、おまけに「ハッシュと書いて、シャープと読むのが一般的」になっているケースもあるのだとか。

 今回は「#(ハッシュ)」のちょっとややこしい雑学をご紹介します。

●解説 「♯(シャープ)」は音楽記号の一種で、「musicsharpsign」とも呼ばれます。

対して、線の傾き方がちょっと違う「#(ハッシュ)」には「番号記号」「ナンバーサイン」といった呼称があり、番号などを表すのに使われます。

 本来は使い方の異なる記号なのですが、シャープとハッシュは慣用的に読み方があべこべになってしまうことが。

例えば、プログラミング言語「C#」は「シー・シャープ」と読まれますが、書くときはハッシュが使われることがほとんど。

電話機の「シャープ」と呼ばれているボタンも、よく見ると「#(ハッシュ)」と書かれています。

 また、アニメやドラマの話数は、数字の前にシャープを入れて「♯1」と表現されることが。

しかし、意味的に考えると、ハッシュを使った方が適切かもしれません。

●主要参考文献・ハッシュマークとは(IT用語辞典バイナリ)・電話機にある「#」や「*」は、なんですか?(ITU-AJ)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。