ケンウッド、ワイヤレスでもハイレゾ音質が楽しめるコンパクトスピーカー&アンプ

ITニュース

JVCケンウッドは、「ケンウッドブランド」より、「Kseries」の新たなラインアップとして、スピーカーシステム「LS-NA9」とインテグレーテッドアンプ「KA-NA9」を発表。

9月上旬より発売する。

■「LS-NA9」40kHzまでの再生に対応するリボンツィーターを搭載し、小型ながら繊細で明瞭な高域特性とキレのある低音再生を実現するスピーカー。

ハイレゾ音源の高解像サウンドを繊細かつ豊かな表現力で再現するリボンツイーターは、高分子ポリマーとアルミニウムのハイブリッド材を振動板に採用することで、安定した高解像再生とクリアな音像を再現する。

また、ウーハーには軽く剛性が高い8cmグラスファイバーコーンを採用。

振幅リニアリティーの良いダンパー構造と余分な振動を抑えるブチルゴムエッジの組合せにより、ツィーターとのつながりをスムーズにし、キレのある低音再生を実現する。

このほか、高音質ネットワーク回路に加え、バナナプラグ対応の金メッキターミナルを採用し、音の解像度を向上させるとともに、音場空間を拡大させる。

本体はバッフル面に高級感のあるピアノブラック仕上げを施した、幅100mmのコンパクト設計を採用。

限られた空間でも設置しやすく、インテリアにも調和する。

キャビネットは、歪み感の少ないクリアな音楽再生を実現する、MDFキャビネットを採用した。

主な仕様は、形式が2Way2スピーカー/バスレフ型、定格インピーダンスが4Ω、再生周波数特性が50Hz~40kHz、定格入力が10W、最大入力が40W、出力音圧レベルが74dB/Wat1m、クロスオーバー周波数3kHz。

本体サイズは100(幅)×196(高さ)×163(奥行)mm、重量が1.5kg/1本。

スピーカーコード(1.5m×2本)。

価格はオープン。

■「KA-NA9」設置しやすい幅117mm、高さ53mmのコンパクトボディを採用したインテグレーテッドアンプ。

筐体には高剛性6mm厚のアルミ押し出し材を使用し、天面アルミ部にヘアライン仕上げを施すとともに、底面には3点支持の真鍮フットを採用するなど、耐振構造と高級感を両立した。

音質面では、同社独自の高音質化技術「K2TECHNOLOGY」を搭載し、BluetoothやUSB、PC-inなどの幅広い音楽ソースを、ワイヤレスでも原音に忠実なハイレゾ相当の高音質で楽しめる。

また、NFCを搭載し、対応端末を本機にタッチするだけで、ペアリングや接続がワンタッチで行える。

コーデックはSBC、AAC、aptXに対応。

このほか、前面USB/背面PC入力端子を装備し、USBメモリーやPCなどに収録されたハイレゾ音源(最大192kHz/24bitFLAC/WAV)の再生が可能だ。

主な仕様は、定格消費電力が15W、実用最大出力が10W+10W(JEITA4Ω)、入出力端子がUSB(再生専用)×1、DIGITALINOPTICALデジタル入力×1、MicroUSBB×1、3.5mmステレオミニ入力×1、3.5mmステレオミニヘッドホン×1。

本体サイズは117(幅)×53(高さ)×179(奥行)mm、重量が700g。

リモコン、ACアダプターが付属する。

価格はオープン。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。