シリーズ最高クラスのスペック! おサイフケータイにも対応した「FOMAF901iC」(懐かしのケータイ)

ITニュース

 思い出のケータイを振り返る連載。

今回紹介するのは、NTTドコモの富士通(現・富士通コネクテッドテクノロジーズ)製ケータイ「FOMAF901iC」です。

 2004年のクリスマスイブに発売されたF901iC。

富士通製では2機種目となるおサイフケータイに対応した製品です。

 2.4型で26万2144色表示に対応するメインディスプレイや、6万5536色表示のサブディプレイ、204万画素のアウトカメラ、32万画素のインカメラ、指紋センサーを搭載するなど、901iシリーズで最高クラスのスペックを誇りました。

 901iシリーズでは、PCでAACエンコードした楽曲ををminiSDメモリーカードに保存して聴ける機能に全モデルに搭載されていました。

 実はこの機能、F900iが他に先駆けてこっそり(?)対応していました。

ただ、決まったファイル名に書き換えて、miniSDメモリーカードの指定フォルダを探して保存する、ということをすべて手動で行う必要がありました。

 F901iCでは、この点を改善するために専用のPC連携ソフトが付属していて、iTunesでAACエンコードした楽曲ファイルをminiSDカードにドラッグ&ドロップするだけと、より簡単に転送できるようになっていました。

 またこのソフトを使うことで、Outlookとスケジュールやアドレス帳を同期したり、撮影した写真をPCに取り込んで管理・編集したりできるなど、簡単にPCと連携できる機能が詰め込まれていました。

「FOMAF901iC」の主な仕様・発売日:2004年12月24日・キャリア:NTTドコモ・メーカー:富士通・サイズ:約51(幅)×105(高さ)×28(奥行き)mm・重量:約129g・メインディスプレイ:2.4型(×ピクセル)TFT液晶26万2144色・サブディスプレイ:1型(96×96ピクセル)有機EL6万5536色・アウトカメラ:有効約204万画素CCD・インカメラ:有効約32万画素CMOS・ボディーカラー:スプラッシュブルー、カーボンブラック、ブリーズホワイト

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。