これぞ、真のベゼルレススマホだ…Lenovoが「Z5」という謎スマホのデザインを公開

ITニュース

Image:Lenovo/Weibo世界を驚かせる?いまやMotorola(モトローラ)を手中に収め、スマートフォン市場でもなんとか存在感を見せていきたいLenovo(レノボ)。

Motorolaといえば、MotoZシリーズのスマホに着脱できる多彩な拡張モジュール、「MotoMods」がユニークですよね。

本格派のカメラモジュールやプロジェクター、キーボードなどなど、さまざまなラインナップが取りそろえられています。

もう少し本体のMotoZシリーズのスマホが盛り上がってくれると、ボクも手を出しやすいんだけれどな…。

そんな心の叫びが聞こえたのかどうかは定かではありませんが、このほどArsTechnicaが伝えたところでは、Lenovoは意味深にも「Z5」なるネーミングの新モデルスマホのコンセプト画像を公開。

LenovoのChangCheng副社長が、中国のSNSのWeibo(微博)にて、Z5の情報をリークしています。

その最大の特徴は、本体前面の95%がディスプレイ占有率という、まさに真のベゼルレススマホとなっているところです。

ホームボタンもノッチも、どこにも見当たらない徹底したデザインですよ。

このデザインは、Lenovoが開発を進めた4つの技術的なブレイクスルーおよび18の特許技術によって実現したものですCheng氏は、こんなふうに説明していますが、一体どんな技術が用いられているのか、といった詳細までは明らかにされていません。

もっとも気になるのは、フロントカメラが、どこにどのように搭載されるのかというポイントですけど、もしやこれぞ、MotoModsで解決しようとしているのでしょうか?それとも、中国メーカーのDoogeeが提案しているスライド式など、特殊なギミックを採用しているのかな?あるいは、もうまったくフロントカメラなど廃した新デザイン?いろいろ憶測は深まりますけど、最大の謎はこれがMotoZシリーズの新ラインナップなのか、それともLenovoが独自路線で中国市場に送り出すZ5という新モデルになるのかというポイントです。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。