今度は壁掛け50.5インチだ。マイクロソフトのSurfaceHub2、でか画面チャレンジ

ITニュース

Video:MicrosoftSurface/YouTube自宅に、この新たなる電子窓を導入したいと思う方もいるのでは。

Microsoft(マイクロソフト)のSurfaceファミリーに、新たな仲間が入ります。

50.5インチのタッチスクリーンデバイスである「SurfaceHub2」は、オフィス用に作られたSurfaceHubのネクストモデル。

大きな画面だからこそ会議を行なうチームメンバー全員で同じ画面を見て、指して、編集して、情報も意識も熱量も共有することができる端末に。

動画を見る従来のSurfaceHub84インチは127kg、SurfaceHub55インチは48kg。

いずれも強固なスタンドを必要とするものでしたが、SurfaceHub2はご覧のとおり壁掛けOK。

質量そのほか詳しいスペックは公開されていませんが、軽くなったんでしょうね。

画面サイズも小さくなりましたがこれまたご覧のとおり、4枚の「SurfaceHub2」を連結させて使うことができます。

解像度は4Kで、複数のカメラ、スピーカー、マイクを内蔵。

またスタイラスペンも使えます。

SurfaceProでできることを、そのまま大きくしたかのよう。

1台だけなら縦横どちらのポジションもとれるように回転できますし。

マイクロソフトの狙いとしては、Office365を用いたワークファイルの共有があるのでしょう。

普段はコンパクトなモバイルPCやタブレットでファイルにアクセスし、会議やプレゼンのときはSurfaceHub2で見る。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。