YouTubeアプリに「見すぎ防止機能」実装 一定時間ごとに「少し休憩しませんか?」とお知らせ

ITニュース

 スマートフォン向けYouTubeアプリに、一定時間ごとに休憩を促してくれる「見すぎ防止」機能が追加されました。

iOS版、Android版ともに、バージョン13.17以降で利用可能。

 リマインドの時間は15分、30分、60分、90分、180分から選択可能。

デフォルトではオフになっていますが、「設定」の「一定時間ごとに休憩をリマインドする」からオンにすることができます。

規定の時間になると画面に「少し休憩しませんか?」とのメッセージが表示され、動画の再生がストップ。

「閉じる」をタップすると動画が再開されます。

 タイマーは動画をオンラインで再生している間のみ動作し、YouTubeアプリを終了したり、動画を30分以上一時停止したりするとリセットされる仕組み。

つい時間を忘れて見すぎてしまう人や、子どもに長時間見せたくない場合などに役立ちそうです。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。