「MicrosoftStore」アプリの開発者収益配分を95%に

ITニュース

 米Microsoftは5月7日(現地時間)、年次開発者会議「Build2018」の開催に合わせてWindowsのアプリストア「MicrosoftStore」で販売するアプリの開発者側の収益配分を95%に上げると発表した。

ただし、ゲームは従来通りの配分(70%)のままだ。

新配分の開始は「年内」という。

 アプリ開発者契約によると、現在はアプリの収益配分は70%、アプリ内課金の収益配分は85%だ。

 これが、アプリもアプリ内課金も95%になる。

なお、Microsoftの何らかの紹介(MicrosoftStoreの「おすすめ」など)経由で売れた場合は85%になる。

 米AppleのAppStoreはアプリおよびアプリ内購入は70%、サブスクリプションの場合は1年後に85%になるシステム。

米GoogleのGooglePlayStoreも、アプリおよびアプリ内購入の開発者配分は70%、サブスクリプションは1年後に85%になる(2018年1月1日より)。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。