「moon」木村祥朗の最新作はシューティング! 「BLACKBIRD」Steam&Switchで今夏発売決定

ITニュース

 インディーゲームスタジオ「OnionGames」は5月2日、新作シューティングゲーム「BLACKBIRD」をSteam(PC、Mac)とNintendoSwitchに向けて発売すると発表しました。

発売日は2018年夏予定。

 ジャンルは「循環型シューティング」。

往年のゲームファンに向けて説明するなら「『ファンタジーゾーン』みたいな感じ」と言えば伝わりやすいかもしれません。

 公開されたメインビジュアルには、怪しく目を光らせながら卵の殻を破る鳥のような生き物の姿が。

「幸せの鳥さんが生まれたよ みんなの命を食べにくるよ」という、なんとも不穏なキャッチコピーも添えられています。

スクリーンショットも1枚公開されていますが、これはやっぱり“鳥さん”が人々を襲っているシーンということでいいんでしょうか……? 実は2016年に開催された「BitSummit4th」でプレイアブル出展されており、このときはステージ1のボス戦手前まで遊ぶことができました。

ステージの左右はつながっており、プレイヤーである“鳥さん”は左右どちらにも自由に移動可能。

画面下にレーダーのようなものがあり、目標物を全て破壊するとボスが登場……といった流れでした。

 OnionGamesはディレクターの木村祥朗さんを筆頭に、名作「moon」の元スタッフらが中心となって立ち上げたインディーゲームスタジオ。

これまでに「勇者ヤマダくん」「MillionOnionHotel」の2作品をモバイル向けにリリースしており、「BLACKBIRD」は同スタジオとしては初のシューティングゲームであり、同時に初の家庭用ハード参入作品となります。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。