次期iPhoneは付属ACアダプタも進化?高速充電対応の18WUSBPD版へ刷新とのウワサ

ITニュース

2018年中に発売が噂される次期iPhoneは、もしかしたら買ってすぐに急速充電が使えるパッケージとなるかもしれません。

付属ACアダプタが刷新され、USBPD(PowerDelivery)に対応し、出力端子がUSBタイプCの新設計となり、さらにUSB-CーLightningケーブルが同梱されるとのウワサが出てきました。

iPhone8やiPhone8Plus、iPhoneXではUSBPDによる急速充電がサポートされながら、必要なケーブルやアダプタは同梱されておらず、急速充電は別途これらを用意する必要がありました。

そのためこの話は、現在大きな注目を集めています。

ただし、ソースは中国のソーシャルメディアWeiboに投稿されたサプライチェーンからの情報とされるもの。

そのため現段階では、情報源、信憑性ともに確かではありません。

ただしこの投稿には、新設計とされる電源アダプタのデザイン画像も掲載されています。

iPhoneシリーズのACアダプタは、歴代を通じてUSB-Aの5W電源アダプタが標準で同梱されてきました。

これが本体側のコネクタ規格がLightningアップデートされる前、いわゆる30ピンコネクタの時代から引き継がれてきた歴史の長い付属品。

最新機種であるiPhone8やiPhone8Plus、iPhoneXについても同様です。

新たに同梱が噂されるのは、18WのUSB-C電源アダプタ。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。