Linuxでrootのパスワードを5分未満でリセットする方法

ITニュース

Opensource.comは4月30日(米国時間)、「Resetalostrootpasswordinunder5minutes|Opensource.com」において、Fedora、CentOS、RedHatEnterpriseLinuxでrootパスワードをリセットする方法を紹介した。

rootのパスワードを忘れてしまった場合や、担当者が人事異動または退職などを行いパスワードが不明になった場合に対処する方法として紹介されている。

対象となっているディストリビューションはsystemdが動作しているFedora、CentOS、RedHatEnterpriseLinuxとされている。

記事では、まずは起動時のGRUBメニューでeキーを押すとしている。

GRUBメニューに表示されるlinux16からはじまる行の「rhgbquiet」という表記を削除して「rd.breakenforcing=0」という表記に入れ替え、Ctrl-Xを押す。

システムが緊急モードで起動してきたら、次の操作を行ってrootのパスワードを新しいパスワードへ変更。

passwdでは2回新しいパスワードを入力する。

○システム領域をマウントしてパスワードを変更mount–oremount,rw/sysrootchroot/sysrootpasswdexitexitシステムを再起動したら、次のコマンドを実行してSELinuxラベルをリストアするとともに、強制モードを有効化。

○SELinuxのラベルを元に戻して機能を有効化restorecon-v/etc/shadowsetenforce1属人的な作業で運用が始まったサーバは担当者に依存していることがあり、人事異動や退職、転職などで気がつくと管理者権限でサーバにアクセスできなくなっていることがある。

システムコンソールにアクセスできる環境であれば、そうした状況においても、今回紹介されている方法が利用できる。

なお、ディスク全体がLUKSを使って暗号化されている場合は、利用する段階でLUKSのパスワードを入力する必要がある。

(後藤大地)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。