Facebook、AIフレームワーク「PyTorch1.0」公開 Instagramのデータで訓練したモデルも

ITニュース

 米Facebookは5月2日(現地時間)、年次開発者会議「F82018」の2日目の基調講演で、AI(人工知能)関連の取り組みについて発表した。

 同社のマイク・シュローファーCTO(最高技術責任者)はオープニングで、同社はフェイクニュースや嫌がらせなどの投稿対策にAIを活用しており、2018年の1~3月にはISISとアルカイダの約200万件の投稿を削除し、その99%は人間の報告より前だったと説明した。

AIフレームワーク「PyTorch1.0」のリリース オープンソースのAIフレームワーク「PyTorch1.0」のβ版を向う数カ月中に公開する。

同社が2016年に公開した「PyTorch」(バージョン0.1.6)をよりフレキシブルにしたもの。

ONNXの拡大 ONNX(OpenNeuralNetworkExchange)は、Facebookと米Microsoftが昨年9月に発表した異なるAIフレームワーク間でディープラーニングモデルを移行しやすくするオープンフォーマット。

発表段階ではFacebookの「Caffe2」と「PyTorch」、Microsoftの「CognitiveToolkit(CNTK)」をサポートしていた。

 現在サポートするツールは以下のものだ。

・AppleCoreML・GoogleTensorFlow・MicrosoftCognitiveToolkit・AWSApacheMXNet・Caffe2・PyTorch・PyTorch1.0・BaiduPaddlePaddle・QualcommSNPEInstagramの公開画像で訓練した機械学習モデルや翻訳ライブラリも公開 PyToch1.0の言語ライブラリである「Translate」、動画モデルの「ResNext3D」などもオープンソースで公開する。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。