物悲しくも美しい 「廃墟に取り残されたピアノ」を撮影した写真

ITニュース

 廃墟にぽつんと置かれた、もう音楽を奏でることのないピアノ――フランスの写真家RomainThieryさんが廃墟のピアノを写した作品「Requiempourpianos」を公開しています。

 Thieryさんは廃墟写真を専門とする写真家で、ピアニストでもあります。

その2つの領域が合わさったのが「Requiempourpianos」。

フランスをはじめ、ドイツやウクライナ、イタリアなど欧州各地をめぐって撮影しています。

撮影場所を選ぶ基準は「音楽」と「写真」という2つの芸術世界が交差する場所であることなのだそうです。

 廃墟となったお城やダンスホール、学校、住宅に取り残されたピアノ。

なんとも言えない物悲しさと美しさが感じられます。

 「ピアニストとして、打ち捨てられたピアノを発見すると感情が高まる」とThieryさん。

「Requiempourpianos」は自身の芸術の極地としています。

ThieryさんのWebサイトでは、他にもさまざまな廃墟の写真を見ることができます。

画像提供:RomainThieryさん

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。