青森を祭りと食とで旅をする第1回これが本当の「神社エール」!八戸三社大祭の前にエネルギーチャージ

ITニュース

旅と食は欠かせないつながりを持っている。

あちこちロケに行く度にそう思っている。

その食を育てているのが豊かな山や川、そして海。

この天からの恵みに感謝する心を持って、祭りとしている。

子々孫々まで伝えなければならない教え。

これが祭りの礎になり、それが土地に根付いて文化と呼ぶものになるのだろう。

祭りという一大行事の前では、老いも若きも男も女も心はひとつ。

みんなで汗をかいてみんなで笑い、みんなでおなかいっぱいになれば、これ以上に幸せなことはないだろう。

そんな祭りと食をテーマに、青森・八戸の祭りをイチオシグルメたちと紹介しよう。

○1杯一律500円!さらに祭りへ支援もできる!?何の祭りからか……というところだが、まずは祭りと相性が良さそうな「神社エール」を提供している洋酒喫茶「プリンス」にうかがった。

こちらのお店は、八戸通のライターさんから仕入れた情報で、一度お邪魔してみたいお店だった。

長横町れんさ街に昭和32(1957)年に開業、先代のお父さんの代から引き継ぎ61年。

もはや八戸の夜の番人だ。

どのドリンクもほぼ一律一杯500円。

前出の神社エールも、もちろん500円だ。

神社エールは、毎年7月31日~8月4日に八戸市中心街で開催される「八戸三社大祭」を応援する目的で作ったカクテルで、この1杯500円という激安な価格から、更に100円をお祭りに寄付する仕組みになっている。

筆者も例に漏れず、神社エールを頼んでカウンターに座った。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。