任天堂・君島社長、退任へ。「世代交代」を目指す

ITニュース

任天堂が、2015年に前岩田社長の逝去を受けて任天堂社長に就任していた君島達己社長の退任と、後任として古川俊太郎取締役常務執行役員が社長に昇格することを発表した(京都新聞、毎日新聞、ブルームバーグ)。

任天堂はWiiUの不振などで一時業績不振となっていたものの、ニンテンドースイッチの好調により収益が回復。

これを受けて、「世代交代」を計るとしている。

君島社長は68歳だが、後任の古川氏は現在46歳で、子供のころはファミコンで遊んでいた世代だという。

今回の社長交代は投資家などからも好意的に見られているようだ。

スラドのコメントを読む|スラドにコメントを書く|任天堂|ゲーム関連ストーリー:「世界で最も革新的な企業2018」ランキング、日本企業は任天堂の18位がトップ2018年02月23日任天堂、Switchと組み合わせて遊べる段ボール製組み立てキットを発表2018年01月18日任天堂、特許権を侵害しているとしてコロプラを提訴。

「白猫プロジェクト」の提供差し止めも請求2018年01月10日任天堂・故岩田社長の後任が決定2015年09月15日任天堂の岩田聡社長、逝去2015年07月13日

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。