最新版Chrome、VR対応を大幅拡大主要PC用ヘッドセットへ

ITニュース

グーグルから最近リリースされたウェブブラウザの最新版Chrome66。

実はひっそりと、WebVRへの対応が行われています。

これまで対応するVRプラットフォームはグーグルの「Daydream」(日本では未展開)のみでしたが、新たにOculusRift、HTCVive、WindowsMixedRealityヘッドセットが追加され、主要なプラットフォームへの対応がなされています。

ChromeのWebVR対応Chromeが初めてWebVRへの対応を発表したのは2016年の6月でした。

当初は専用アプリが必要でしたが、2017年2月「WebVR」をAndroid版Chromeブラウザ向けに正式リリース。

ただしこの時の対応VRプラットフォームは「Daydream」のみでした。

今回の対応で、少なくともWindows10のPCを使うVRユーザーは、Chromeブラウザで自由にWebVRを使うことが可能になりました。

使い方はシンプルです。

アドレスバーに「chrome://flags」と入力することで設定ができます。

WebVRとはWebVRはブラウザ上でVR体験を可能にするAPIで、Mozilla社が中心に開発を進めてきました。

VRコンテンツをプレイする際には、ヘッドセットを装着してアプリを立ち上げる必要があります。

しかし異なるヘッドセットで同じアプリケーションを動作できなかったり、開発したアプリケーションを配布するためには専用ストアへの登録が必要などの制約があります。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。