「ナノケア」が1000台を突破、パナソニックが国内累計販売台数を発表

ITニュース

 パナソニックは、4月10日時点でヘアードライヤー「ナノケア」の国内累計販売が1000万台を突破した。

 ナノケアは、マイナスイオンの約1000倍以上の水分量をもつ微粒子イオン「ナノイー」が髪に浸透して髪の水分バランスを整えてうねりを抑制。

キューティクルを引き締め、しっとりまとまる髪に導く。

初代のナノケアは1万円を超える高価格製品でありながら、発売初年度に約20万台を販売し、3年後(2007年度)に国内累計販売100万台を達成。

2014年6月には国内累計販売500万台を達成し、2015年度からは年間国内販売が100万台を超えた。

その後、着実に販売を伸ばして、今回、国内累計販売1000万台を突破したことになる。

【関連記事】パナソニックの新社会人向け美容家電、乾かしながら髪質改善と毛先ケア「ヘアードライヤーナノケア」の元祖1号機は何年に発売?【製品速報】「DysonSupersonicヘアードライヤー」にアイアン/レッド、3月20日に数量限定で販売「時代をけん引する製品」、テスコムの新ヘアードライヤー・ヘアアイロンプロ品質のマイナスイオンドライヤー、テスコム「NIB2100-W」

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。