日本が核攻撃される漫画「東京核撃」を監修した日本会議北海道本部理事・高田純氏による「日本人の定義」がすごい

ITニュース

集英社のグランドジャンプで連載開始された「日本が核攻撃を受ける」という漫画を監修している人物の主張が、なんだかとんでもないことになっています。

詳細は以下から。

まず見てもらいたいのは新作漫画「東京核撃」。

『東京が核攻撃を受けた』という設定を元にした「東京マグニチュード8.0」のような作品とみられますが……東京核撃–細野史羽|少年ジャンプ+問題なのはこの作品を監修している、札幌医科大学教授で日本会議北海道本部理事の高田純氏。

日本会議は森友・加計学園問題への関与や、日本が(結果的に)歴史修正主義者の国であることを世界に知らしめる「歴史戦」への後押しなどで知られる極右組織で、海外では「日本最大のナショナリスト団体、ウルトラライトカルト」とまで報じられています。

そんな団体で理事を務める高田氏による「日本人」の定義はこちら。

日本国籍があっても「先祖代々日本列島に暮らしている」「先祖が外国からの侵略や圧力に対して戦った」「現在、危険国からの工作員たちと戦っている」に該当しないと日本人ではないそうです。

この時点で沖縄に住む人々や、満州や朝鮮半島などの外地に入植した人々は一律で排除されることになります。

10代以上続いていることも必須だそうなので、カップラーメンの生みの親、安藤百福氏などを日本人と認めてはいけないようです。

なぜか「君が代」を歌えることも必須条件とされていますが、明治時代に国歌として制定された君が代は「古来から続く日本の伝統」ではありません。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。