サードウェーブ、最新パーツと圧力冷却を採用した「GAMEMASTER3.0」を発表-eスポーツを軸とした新たな事業戦略も

ITニュース

○eスポーツエコシステムを拡大するために3年で20億を投資サードウェーブは4月3日に都内で製品発表会を開き、ゲーミングパソコン「GAMEMASTER」の2018年モデルを発表し、併せてeスポーツを軸とした新たな事業戦略を説明しました。

2018年モデルの特徴は最新パーツの採用と新発想のエアフロー「圧力冷却」です。

エアフローを見直すことで従来と同等の冷却性能を、静音構造で実現したとのことでした。

システム構成はBTOなので変更が可能ですが標準構成が4種類用意されています。

ケースはミドルタワーとミニタワーの2種類なので合計8モデル構成となっています。

事業戦略に関してはサードウェーブの常務取締役・榎本一郎氏が説明しました。

世界のeスポーツ業界は右肩上がりであるとしている一方、複数の調査会社によれば、その数字には調査によって大きな差があると述べ、「eスポーツ業界と一言で言っても、いろいろな側面がある」と指摘しました。

これはすなわち、単なるゲーミングパソコンや周辺機器、ゲームソフトといったeスポーツに直接関わるものだけではなく、プレイヤーのコーチングや映像配信、マーケティングというエコシステム全体を考えるとさらに規模が大きくなるということを意味していると言えます。

日本に目を向けると、2月に3つのeスポーツ団体が合併しバリューチェーンが広がっただけでなく、Jリーグや吉本興業といったリアルスポーツや異業種からの参入もあり、今後は様々な大会が開かれると予想されています。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。