米OPPOが新製品の開発を終了 米国ディスクプレーヤー市場の縮小で

ITニュース

 Blu-rayDiscプレーヤーの分野で急成長した米OPPODigitalは4月3日、新製品の企画開発を終了すると発表した。

UltraHDBlu-rayプレーヤー「UDP-205」などの現行機種が「OPPODigitalとして最後の世代となる」という。

 OPPODigitalは米国カリフォルニア州に本拠を置くエレクトロニクスメーカー。

欧米や日本、オーストラリアでBlu-rayDiscプレーヤーの他、ヘッドフォン、ヘッドフォンアンプといったオーディオ・ビジュアル機器を展開しているが、今回の開発終了は同社の全製品が対象の模様だ。

 国内でOPPO製品の販売とサポートを提供しているOPPODigitalJapanは、「(米OPPOは)これまでAV専業メーカーとしては例外的ともいえる生産台数を前提として圧倒的なコストパフォーマンスの製品を投入してきたが、近年のストリーミングコンテンツサービスの流行を背景とした米国ディスクプレーヤー市場の縮小に伴い、将来的に生産規模の拡大または維持が困難な見込みであることから、継続的な経営資源の投下を断念するという経営判断をした」と説明している。

 米OPPODigitalは今後の事業計画などを明らかにしていないが、OPPODigitalJapanは経営難の可能性について明確に否定。

「米OPPODigitalは財務上、十分に安定した経営基盤を確保している。

今後の組織体制の見直しにより長期にわたり今後も変わらぬサービス業務を提供できるよう努める」と、あくまでも市場の変化に対応した経営判断であると説明している。

なお、日本においても現行製品の国内販売および修理・点検などのサービス業務は継続する。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。