AmazonEchoは敵か味方か、スマートスピーカーに期待する家電量販店

ITニュース

 2017年10月に家電量販店で販売を開始した「GoogleHome」から遅れること約半年の4月3日、アマゾンジャパンは、音声アシスタント「AmazonAlexa」搭載のスマートスピーカー「AmazonEcho」を、エディオンやケーズデンキグループ、上新電機などのリアル店舗で販売を開始した。

 発売前の3月30日、AmazonEchoの販売に備えていた兵庫・西宮のジョーシン西宮今津店では、スマートスピーカーのコーナーをリニューアル。

それまではGoogleHomeを売り場の一角で案内する程度だったが、より目立つエンド(棚の端部)に展示した。

来店客が実機を体感できるコーナーをつくって、スマートスピーカーを大きくアピールする。

 GoogleとAmazonの二強がそろったことで、スマートスピーカーの販売増に期待を寄せる家電量販店は多い。

 ある郊外型家電量販店の本部では「比較的若いお客様が購入すると想定されているが、むしろ郊外で暮らす年配客に最適なアイテムになるのではないかと思う」と語る。

スマートスピーカーが、独り暮らしの年配客の話し相手になったり、遠くに暮らす家族との見守りサービスなどで活用されることへの期待だ。

 郊外だけでなく都市部でも、例えばヨドバシカメラの「マルチメディアAkiba」ではスマートスピーカーの専用コーナーを拡充するなど、話題性の高い商材として販売に力を入れている。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。