買う買う、新しいiPad。Appleにその気にさせられちゃったよ〜

ITニュース

Image:GizmodoUSとても長い間、iPadはもっとも退屈なApple製品でした。

Apple(アップル)はメディアを革新し雑誌を保存できるようにするという約束を果たしませんでした。

モバイルゲームの遊び方も変わりませんでしたし、いい投資にも見えませんでした。

iPadが登場してからの8年間、私が初めてiPadに触れたのはコーヒーショップのタブレット式レジ。

しかし、先週、Appleはちょっとした、しかし注目に値することをしてくれました。

それが私がiPadを買う気にさせられてしまった原因です。

先のように述べたにもかかわらず、私は一度だけiPadを持っていたことがありました。

でも、Appleのおかげで欲しくなったわけじゃないですよ。

バケーションに行くために、前のガールフレンドに買わされたんです。

でも、読書するのに最高って感じじゃなかったです。

帰ってくるとすぐに売り払ってしまいました。

iPad2でしたね。

重すぎて長い間持っていられないし、スクリーンはiPhoneのに比べると単純にイマイチでした。

払ったお金のごく一部しか取り戻せなかったので、後悔した買い物として記憶に残っています。

しかし今、ある1点を除いて前モデルとほとんど同じに見える新しいiPadが登場。

そうなんですよ、忌々しいあのスタイラスが使えるんです。

もっとはっきり言いましょう、ApplePencilが使えると。

ApplePencilはスティーブ・ジョブズが絶対に作らないと誓った発明品のひとつ。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。