トヨタとパーク24、都内でカーシェア 車載機器からデータ収集

ITニュース

 トヨタ自動車とパーク24は4月3日、東京都心の一部でカーシェアリングサービスを試験実施すると発表した。

車載機器から得たデータを生かし、両社のノウハウとも組み合わせ、車両の安全性向上や無人化の推進につなげる。

期間は2018年6月~19年3月末までを予定している。

 パーク24のカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」のオペレーションシステムをベースに、同サービスの対象車両「TOYOTAC-HR」60台を活用する。

車両には、トヨタ製の通信型ドライブレコーダー「TransLog」などを搭載する。

TransLogは、燃費データや運転中の急加速・減速などを検知できる。

 車載機器から情報を収集し、オペレーション効率や安全性の変化を検証。

蓄積したビッグデータをAI(人工知能)で分析するという。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。