メディア工房、中国VR企業と提携し一時ストップ高へ

ITニュース

メディア工房は4月2日、中国のVRデバイス開発企業、北京凌宇智控科技有限公司(LYRobotixCo.,Ltd)と業務提携を行いました。

契約の対象はLYRobotix社が開発・製造しているVRコントローラー端末「NOLO」の日本における販売総代理権、および同社が運営するVRコンテンツプラットフォーム「NOLOHOME」の、日本における運営権です。

同社の株価に関して2日の終値は545円ですが、本業務提携が発表された後、同日の13時ごろには一時ストップ高(604円)となりました。

VR領域に着手、コンテンツ拡充ねらうLYRobotix社は2017年1月、KickstarterにてNOLOに関するクラウドファンディングを行い、わずか8時間で目標の5万ドルを達成したことで注目を集めました。

NOLOの特徴は、マーカーを装着してどこか手近な場所にベースステーションを置くだけで、スマートフォン(スマホ)を利用したVRでも、自由に歩き回ることのできる「ルームスケール」が実現することにあります。

LYRobotix社は、2018年2月にはNOLO対応コンテンツを集めたプラットフォーム「NOLOHOME」のβ版を発表、2018年夏頃を目途に正式リリースを予定しています。

メディア工房は本業務提携を通じて、日本におけるVRコンテンツの拡充を進めていくとのことです。

メディア工房は2017年7月にも中国のデバイス開発企業、小派科技(上海)有限責任公司(PimaxTechnology)と業務提携契約を締結しています。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。