J:COM、デジタル動画広告に参入 有料放送に次ぐ柱に

ITニュース

 ケーブルテレビ大手のジュピターテレコム(J:COM)は4月3日、動画制作会社プルークス(東京都中央区)の発行済み株式の過半数を取得し、連結子会社化すると発表した。

デジタル動画広告へ参入する。

動画広告ビジネスを強化し、有料放送や動画配信に次ぐ事業の柱に育てる計画だ。

出資額は非公開。

 両社のノウハウを生かし(1)テレビとデジタルを連動させた動画広告商品の共同開発、(2)企業や媒体社のマーケティング支援、(3)J:COMとグループ会社のコンテンツマーケティングの動画制作支援などを行う。

今後も周辺事業への拡大を検討する。

 動画広告の市場規模は2018年には1845億円、20年には2700億円と、右肩上がりで拡大する見通し。

スマートフォンによる動画視聴が定着する中、ネット各社に限らず参入が相次ぎ、市場が過熱している。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。