カシオの「ゲーム電卓」が復活。数字が約3倍の大きさになり、老眼ゲーマーにもやさしい仕様に

ITニュース

カシオ計算機は、電卓機能と侵略者をビーム砲で迎え撃つシューティングゲームを一体化した「ゲーム電卓SL-880」を3月23日に発売すると発表しました。

オープン価格で、Amazonほかネット通販にて2000円前後で予約受付が開始されています。

ゲーム電卓とは、元々は1980年8月に発売された1号機「MG-880」と、それに続くゲーム機能を内蔵した一連の製品に冠されたシリーズ名です。

シンプルで奥深いシューティングゲームを復活させるとともに、数字が見やすい特大表示や税計算機能、太陽電池も搭載など、現代の電卓に相応しい実用性を備えた内容となっています。

動画を見るゲームの概要は80年当時と全く同じで、右側から攻めてくる侵略者の数字に、ビーム砲の数字を「.」キーを押す回数で合わせて、「+」キーでビームを発射。

得点は侵略者を迎撃した位置が右ほど高く(出現した直後は高得点)、撃墜した数字の合計値の末尾が0となるごとに出現するUFOを撃ち落とすと300点のボーナスが入ります。

ビーム砲台は3基あり、侵略(数字が左端に到達)されるたびに1基減る、おなじみの残機制です。

なぜ、30数年後の今になってゲーム電卓を蘇らせるのか。

カシオ計算機のリリースによれば近年、様々な物がネットにつながり機能性や利便性が向上する一方で、1980年代の電子ゲームをはじめとする、シンプルさが心地よい過去のヒット商品を再評価する動きも見られます。

とのこと。

ミニファミコンやミニスーファミが起こした復刻ゲームのビッグウェーブに乗り遅れるなということでしょうか。

リニューアル版ゲーム電卓ことSL-880は1号機のMG-880よりも、ハード的なスペックは当然ながら向上しています。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。