Loading...
MENU
CLOSE
戻る

ロボット産業を革新するモーター「LiveDrive」の超絶テクノロジー

ITニュース

「GenesisRobotics」が開発した革新的なモーター「LiveDrive」は、ドーナツ型の形状と滑らかでメタリックな外観が印象的だ。

GenesisRoboticsは、カナダに本拠を置く研究開発企業「GenesisAdvancedTechnology」からスピンオフした企業だ。

同社のCEO、MikeHiltonによると、LiveDriveは旧式のモーターようにギアボックスを必要としないのが特徴で、そのユニークな外観こそがLiveDriveの革新性を示しているという。

「従来のモーターは、ロボットを動かすのに必要なパワーやトルクが不足していたためにギアボックスが必要だった。

しかし、我々はギアボックスを排除しながら、従来のモーターと同等のパワーとトルクを備えることに成功した。

これまでにない全く新しいデザインのモーターだ」とHiltonは話す。

「我々は、ロボットエンジニアたちからギアボックスの存在がロボティクスの発展を阻害しているという話を何度も聞き、LiveDriveの着想を得た」とHiltonは話す。

GenesisRoboticsが行き着いたのは、磁石を使ってアウトプットを増幅させるモーターだった。

LiveDriveは厚さが2cmと薄く、積み重ねて使用することができるため、エンジニアはスペースを犠牲にすることなくパワーを増強することができる。

「モーターの直径は、10cmから76cmの間であれば好きなサイズに作ることができる」とHiltonは話す。

続きを見る

記事一覧に戻る