WordPressがシェア30%を突破-3月CMSシェア

ITニュース

Q-Successから2018年3月のWebサイト向けCMS(ContentManagementSystem)のシェアが発表された。

WordPressのシェアがトップで30%を超えており、CMSを使っているWebサイトの10サイトに3サイトはWordPressを使っていることになる。

WodPressのあとには、3.1%のJoomla、2.2%のDrupal、1.2%のDrupalが続いている。

1位のWordPressと2位のJoomlaのシェアには10倍ほどの開きがあり、CMSとしてWordPressが圧倒的なシェアを持っていることがわかる。

CMSを使っていないWebサイトの割合は長期にわたって減少傾向を続けており、2018年3月には50.3%までシェアを落とした。

WordPressを使ったサイトが増加することで相対的にCMSを使っていないWebサイトの割合が減っているものと見られる。

(後藤大地)

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。