第二次大戦中に沈んだ米空母「レキシントン」、ポール・アレン氏が発見

ITニュース

 これまで戦艦「武蔵」など沈没した艦艇をいくつも発見しているポール・アレン氏が、今度は米国の航空母艦「レキシントン」を発見したと報告しています。

 オーストラリアの珊瑚海で、海面から3000メートルの深さに沈んでいるのを、調査船R/VPetrelで発見。

アレン氏は2017年にもR/VPetrelでフィリピンのレイテ島沖を調査し、第二次世界大戦中に沈んだ米駆逐艦「ワード」や旧日本海軍の「山城」「扶桑」「島風」などを発見しています。

 レキシントンは1925年に進水し、第二次世界大戦中(1942年5月)に珊瑚海で旧日本海軍と戦って沈没しました。

この珊瑚海海戦ではレキシントンの他、米軍の駆逐艦「シムス」と給油艦「ネオショー」が沈没し、空母「ヨークタウン」が損傷を受けました。

旧日本海軍は軽空母「祥鳳」が沈没し、空母「翔鶴」が大きな打撃を受けています。

続きを見る

記事一覧に戻る

Contactー お問い合わせ ー

ご意見・ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問合わせください。